生活習慣病辞典 > 心臓病

心臓病の症状や原因・予防法について

心臓病とは、名前から分かるように心臓になんらかの問題が起きる症状です。
その中でも心筋梗塞は、有名ですね。
心筋梗塞は、動脈硬化などの原因から冠動脈が詰まってしまいます。
心筋への血流が止まってしまって、壊死をしてしまいます。
そして放置してしまうと死にいたる病でもあります。

他にも狭心症は、心筋梗塞までいかないまでも、一時的には心臓の動きが悪くなり、
痛みを生じる状態になるようです。他にも心臓病とされるものはいくつかあります。

心臓病では何が怖いのか?ということですが、例えば狭心症では、痛みを生じる他に、
動悸や、息切れ、めまいなどを生じることがありますし、
心筋梗塞では、呼吸困難に陥る事もあります。

心筋梗塞ではさらに、問題なのは壊死になってしまう事もありますが、
さらに放置していると死にいたる事もあることです。
心臓病が疑われる時は、すぐに医師の診断を受ける事を薦めます。

では防ぐ為にはどうしたら良いのでしょうか?
動脈硬化などの原因とされる、コレステロールや、
中性脂肪を改善する事によって予防する効果があるとされています。 
コレステロールを多く含む食事を控えたり、魚や大豆などから栄養を取るのが良いでしょう。
また野菜を多く取り、老廃物の排出を促すのも良いです。

またウォーキングなどの有酸素運動も良いですね。ただし無理の無い程度にしましょう。
生活習慣が問題でもありますので見直すことも大事になってきます。
他にも薬による改善効果もあります。

Copyright © 生活習慣病辞典 All rights reserved