生活習慣病辞典 > 脂質異常症

脂質異常症の症状や原因・予防法について

脂質異常症は、以前は高脂血症と言われていたものです。
コレステロールや中性脂肪が異常値になっている事をさしています。
HDLコレステロールが低い場合でも病気の発生するリスクがあることからの変更です。
この病気は、LDLコレステロールが高い、もしくはHDLコレステロールが低い、
中性脂肪が多い状態が脂質異常症となるようです。

血液中は、どろどろしたような状態になったりして、これにより血管を狭くしたり、
動脈硬化などを引き起こすことがあります。
また中性脂肪が多いことはメタボリックになる事も考えられます、
それらによって引き起こされる病気も問題です。

 

脂質異常になると何が怖いのか?と言う事ですが、動脈硬化を引き起こすことがあります。
さらに血管を狭くしてしまう事もあります。
それによって、心臓病や、脳卒中を引き起こすことがあります。
心臓病や脳卒中を起こすと最悪死亡するケースもあります。

 

それ防ぐにはどうしたら良いのか?
と言う事が問題になりますが、食生活を変化させると言う方法があります。
脂質の多い肉料理を少なくすることや、卵料理を減らす事をお勧めします。
魚や大豆製品を食べるようにすると良いでしょう。

そして食べ過ぎにも注意してください。さらにアルコールを控えると良いですね。
また甘いもや塩分も気をつけましょう。 できるだけ野菜を取るようにしてください。
脂肪を燃焼させる為にも有酸素運動を取り入れると良いでしょう。
ただし激しい運動は避けた方が良いですね。他にも投薬治療があります。

Copyright © 生活習慣病辞典 All rights reserved