生活習慣病辞典 > 脳卒中

脳卒中の症状や原因・予防法について

脳卒中は、脳の血管に障害が起きる病気でもあります。
脳の血管が破れることによって引き起こされる脳出血やくも膜下出血や、
脳の兼官が詰まる事によって引き起こされる一過性脳虚血発作や、脳梗塞があります。
脳梗塞の中には、ラクナ梗塞、アテローム血栓性梗塞、心原性脳塞栓症があります。

何が怖いのかと言いますと、出血の場合は、脳血管で、こぶのような物が出来ていきまして、
動脈瘤と言いますが、それが何らかの原因で破裂してしまいます。
クモ膜下出血では、出血することによって、脳を圧迫して、脳に障害が出ることがあるようです。

血管が詰まる場合は、しびれや、言葉がでないなどの症状を出すことがあります。
ただし小さな血栓によって詰まった場合は、溶かされて直ることがあります。
しかしながらこれが続いてしまうと、さらに深刻な状態を引き起こしてしまうようです。

日本人に多いとされるラクナ梗塞は、脳の血管の細い所が詰まってしまい、
細胞が壊死してしまうことです。一時的に、しびれや、言葉がでないなどの症状を
出した場合はすぐに医師に診察してもらう事をお勧めします。

脳卒中を防ぐにはどうしたら良いのでしょうか?
原因としては生活習慣病でもある、高血圧、糖尿病、脂質異常症を治す事が
あげられます。このような症状がある場合は、温度変化が激しい時や、
夏は特に、水分の補給を小まめにするのが良いでしょう。他には高血圧、
糖尿病、脂質異常症を治していくというのがありますね。
減塩や、運動や、食生活の改善によって症状を出しにくくすることをお勧めします。

Copyright © 生活習慣病辞典 All rights reserved