生活習慣病

生活習慣病の怖さは問題は、気がつかないうちに進行している
もしくは気がつかないうちになっていたと言う事です。
生活習慣病の問題点として、自覚症状が無いというのもあります。

生活習慣病は、サイレントキラーと言われているように、
自覚症状が無いままに進行が続いていきます。 

そしてサイレントつまり自覚が無いままに、
突然、発病して大変な結果をもたらしてしまう場合があります。

生活習慣病では、糖尿病が有名ですが、他にも脂質異常症、そして高血圧、
さらに高尿酸血症があります。良く聞く症状ではあると思います。
これらが生活習慣病であると言う事を知らない方も多いでしょう。

健康診断では、医者からの診断をお勧めしますと言う案内を貰っても
ついつい忘れてしまうものです。

しかしながら進行している場合には、気がつかないうちに重症になっている事もあります。
生活習慣病を十分に認識すると共に、早期に発見して治療をしていくのが大切になってきます。

放置による死亡するリスクはあまり知られていませんが、
生活習慣病が元になって引き起こすものがあります。
ガンや心臓病、脳卒中という有名なものがありますが、これらが原因による死亡率は、
かなり高いのです。

自覚症状がなかなかつかめないので、長年放置してしまうと、
死亡するリスクを持ってしまうことにつながってしまう事もあります。

そうした事から放置してしまうのは危険と言うことで、生活習慣を改めていく必要がありますね。

Copyright © 生活習慣病辞典 All rights reserved